「20代ならまだ大丈夫!」そんなフリーターの末路。。

 

「フリーターでもなんとかなるでしょ」

そう考える人がいると思うので、フリーターの怖さを書いていきます。。

 

フリーターとは?

まずフリーターとは誰のことを言っているのか。

フリーターは、日本で正社員・正職員以外の就労形態(契約社員・契約職員・派遣社員・アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。 学生は含まれない。 学校卒業後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。 和製の造語(「フリーランス・アルバイター」の略称)である。

え?35歳以上は?とちょっと疑問に思うところですが、辞書的に解説するとこういった感じです。

アルバイトや派遣社員といった正社員じゃない人のことですね。

 

 フリーターのメリット

自由に使える時間が多い

これが1番のメリットでしょうね。

自分の夢の活動のための時間が多い。

最低限の生活をしつつ時間をフルに使って作業をする。

 

仕事選びが簡単

一生そこで働くって考えはないだろうだから気軽に探して働けます。

次に繋げるためのとりあえずの仕事といった感じです。

 

通勤時間がかからない

フリーターの平均的な通勤時間はだいたい30分

正社員は40〜79分

特に60〜69分が多いです。

片道の時間が2倍ですね。

 

正社員に比べて楽

仕事というか作業なので個人の能力にほとんど左右されずに誰でもできることが多いです。

当たり前ですがだから正社員に比べてお金が安いのです。

 

 

フリーターのデメリット

メリットは自分の時間がひたすら増えるので、その時間を何に使うのかですね。

そして、次はデメリットです。

 

お金が少ない。

このデータを見ると2倍の開きがありますね。

正社員にはボーナスがあるのでその分でも少しずつ差が開いていきます。

 

社会からの信用がない

フリーターは信用という上で何においても辛いです。

住宅ローン、車のローン、クレジットカードの審査など信用がないので厳しいです。

フリーターは誰でもできる仕事という印象が強く、税金もほとんど払ってない。

正社員はクビを切りにくくアルバイトはクビにしやすい。

正社員は会社という組織に属していてその組織の信用があるが、フリーターにはそれがない。

 

ゴミ扱いされる。

正社員とフリーターの差は大きいですよ。

「なんの仕事してるの?」

と聞かれた時に「うっ」と言葉が刺さります。

そして「25歳なのにフリーターはないよねー」とか言われる機会もあるでしょう。

フリーターというのはそれだけで世間的な信用もないので誰かと付き合ったり結婚するのも心配されます。

自信を持ってこれをするために今はフリーターをしてるというのがないのであれば正社員になることをオススメします。

 

やってみて辞めるという選択肢

お金がない、貯金がないというのは心が貧しくなります。

そして「フリーター」という身分なだけで周りはその人の能力に関係なく攻撃してきます。

明確に「この夢を叶える!」という強い意思がない限りはフリーターを続けるというのはかなり厳しいと思います。

「正社員→フリーター」と「フリーター→正社員」とでは難易度は全然違います。

周りの雑音はかなりうるさいです。

 

自分に合う仕事がわからない

やりたくてフリーターをやってる人はいないでしょう。

大抵はやりたいことが他にあってそれにつなぐためのフリーターだと思います。

でも、「自分に合う仕事がわからないし失敗したくない。」

それが原因でフリーターをしてる人もいますよね。

 

『DYM就職』はそんな失敗したくない企業選びを一緒にしてくれます。

一方的に決められることもありません。

「今までフリーターとして生きてきたのに本当に正社員になれるの?」

という疑問を抱いてる人にもオススメです。

 

また、夢を抱いてる人もおそらく生活に必要なお金を稼ぐためだけにやってる感じだと思いますが、

もしその夢を叶える後押しになる仕事、自分のスキルが上昇する仕事があったらやりたくないですか。

プロが一緒に自分の能力にあった仕事を選んでくれます。

経歴や学歴に不安があっても大丈夫です。

あなたの強みを引き出してくれます。

 

 

 

もし会っていきなり自分のことについて相談するのはハードル高いということでしたら

無料説明会に参加するというのもありだと思います!

 

 

 

20歳、25歳であれば許されるけど、30歳では許されない。

後悔しないために自分の未来について一回見つめ直してみてください。

1年というのはあっという間です。

20歳であれば許された。25歳であれば許された。

でも30歳じゃ許されない。

そんなこともあります。

時間というのは残酷です。

自分では変わってないつもりでも周りからの評価はかなり大きく変わります。

決断を出すのは1日でも早い方がいいです。

1ヶ月の空白でも人の印象は全然違います。

取り返しのつかないことになる前に自分でもう一度考えて結論を出しましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です