大学に行かなくても大丈夫。就職先がないと悩んでる高卒の人へ。

 

学校ではみんなが受験勉強。

高校というのは就職を選択する人にとって肩身が狭いですよね。

大学に行くだけが正解じゃないし、そもそも誰もが大学にいけるわけじゃない。

なのでそんな就職先に悩む高校生について書いていきます。

 

学校は少数派の人の面倒は見れない。

激務の教師にとって少数派の人間は厄介でしょう。

授業の準備をして、授業をして、資料を作成して、部活の顧問をやって、会議に出て。

生徒から質問をされればそれに答えなきゃいけないし、補修もする。

「大学に行く」というのが当たり前化してる世界で就職という選択は迷惑と思われても仕方ないです。

学校は人と違うことをする人に対して厳しく当たらざるを得ないのです。

みんなで一緒に学んでいくというニュアンスが強い高校という制度において少数派になるにはそういうことを覚悟しなければいけません。

 

勉強したくないし、学費はタダじゃない。

周りのみんなが大学に行くという選択肢をとっているのに、行かないという道を選ぶのはすごいと思います。

その行かないという理由の1つに勉強したくないというのがあるかもしれないですね。

大学に通うという事は金を払って勉強をするという事です。

勉強をしたくないという人にとってこれほど苦痛なことはないでしょう。

金を払うと言われても通うかどうか迷うのではないでしょうか。

 

もちろん学校の授業以外からも学べることはたくさんありますよ。

でもそれって大学に行かなきゃ学べないことなのでしょうか?

普通に生きていく中でもそれなりに事件は起きますよ。

だったらお金がもらえて新しいことが学べる就職という道を選んだっていいじゃない。

 

大卒と高卒では年収が違う。

とはいえ学歴が関係ないと少しずつ言われてきた現在でさえもやっぱり年収の差は大卒と高卒では少し差が出ます。

高卒の方が社会人経験が長いにも関わらずこれが現実です。

親や教師が大学を必死に勧めるのも納得ですね。

意味不明ですよね。

勉強しに大学に行くはずなのに、

企業はいつまでも過去の経歴で見るんです。

 

能力で選んでくれる会社もある

自分以外もその違和感に気づいてる

今書いてきた大卒生の方が年収が高いということに疑問に思ってるのは自分だけじゃない。

考えてみてください。

高校生の時の自分でも気づいてることに社会経験豊富な企業側が気づかないでしょうか?

もちろんこの記事を書いてる時点で僕も疑問に思ってますよ。

企業側も気づいてはいるけど変えるメリットがない。

この理由がほとんどでしょうね。

わざわざ自分の不利益に繋がるようなことはしないでしょう。

 

でも例えば3年目の野球選手と7年目の野球選手。

どっちが野球上手でしょうか?

大卒で3年目の社会人と高卒で7年目の社会人。

どっちが社会についてよく知ってるでしょうか?

自分の能力を信じましょう。

そしてそれを疑問に思って学歴を重要視しない企業もあるということです。

 

自分に嘘をついてもいいことない

親も教師もデータや常識でしか語りません。

多数派が正義です。

高校という場所において就職を選ぶには必然的にきつい思いをするでしょう。

というかどの世界でも少数派というのは肩身の狭い思いをするのです。

それでも自分の思いに背いて

「大卒の方が将来のためになるなら大学に行くしかないか。。」

と大学進学を目指すのは得策ではありません。

 

自分に嘘をついて大学に通って後悔してる人はいっぱいいます。

高卒より大卒の方が給料がいいらしいと大学に通い新卒で就職した先が激務で安かったらどうしますか。

あくまでデータは平均です。高い人もいれば低い人もいるのです。

 

 

自分にあった企業選び

今書いたように、全部の会社が大卒を優遇する訳がありません。

でも大卒優遇の企業が多いのが間違いないでしょう。

だから自分にあった企業選びが必要になってきます。

自分ですら自分の強みがわからないというのはよくある話です。

なのでプロに引き出してもらいましょう!

「DYM就職」ならあなたにあった企業を一緒に選んでいきます。

経験がないという初めての方でも安心です。

 

誰も責任はとらない

もしあなたが大学に進もうが、就職しようが教師は人生の責任をとりませんよ。

親にも取れません。

時間は戻せませんから。

そんな時誰を責めますか?

親?教師?

 

人のせいにしてもみじめな思いをするだけですよ。

結局は自分が苦しいだけです。

正解はありません。

自分が後悔しない道を選びましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です