「コミュ障でニート」そんな人が就職をするのに必要な事とは?

 

 

コミュ障の人が就職するための選択肢の1つになればいいなという思いで解決策と方法を考えてみましたので、

是非最後まで見てもらえると嬉しいです!

 

家から出る。

家に引きこもってる人はまず家から出てみる。

これだけで世界が変わります。

対面で会話をするのはリハビリに最強です。

斎藤さん的なアプリで匿名電話をするというのもありますが、僕的には普通にハードル高くて嫌でした

 

散歩に行く。

散歩はいいですよー。

歩いてる時に何かひらめくことが多いです!

 

 

コンビニに行く。

店員さんというのは素晴らしいものです。

自分がどんな人間でもどんな生活をしてても平等に同じ対応をしてくれます。

ニートだからテキトーでいいやという事もありません。

たまに無愛想な店員もいますが、基本的にはマニュアル通り決められた言葉が返ってきます。

少しずつ人間との会話に慣れていきましょう。

 

スーパーに行く。

スーパーで親の代わりにお買い物をすれば家族貢献にもなります。

親から感謝される&コミュ力UPというWチャンスです!

 

人がいるところに行く。

人がいる空間にいるというだけでもリハビリになると思います。

温泉だったり、イオンモールだったり、公園だったり。

近くのでかいショッピングモールは知り合いがいそうでちょっと嫌ですけどねー。

でも一言も喋らずお金もかからずに人がいるところにいけるというのはコミュ障にとってはコスパがいいです。

ちょっと精神的に疲れますが、少しずつ慣れて行くためにほぼ喋らないでいいというのはなかなかいいと思いますね!

 

 

近場は知り合いがいるかもしれないから嫌。

やっぱり外を出ても知り合いに会いたくないという心理がありますよね。

そして働きたいけど何からしたらいいかわからないというのもあります。

そこでオススメなのが、無料説明会に参加するという方法。

 

お金もかからず、人ともほとんど喋らず、就職するのに直結するセミナーが受けられます。

しかも無料です。

セミナーを受けた後、希望者には個別の就職相談をする事も可能です。

 

 

私服で参加できたり、ペン一本だけで参加できる。

しかも居心地が悪ければ途中で帰るという事も可能です。

 

 

動き出さなきゃ何も変わらない。

僕の経験上ですが、コミュ障の人は大人数は嫌だけど1対1はイケるという印象があります。

そして自分から営業をかけて会いに行くのは嫌だけど、募集してれば飛び込めるという印象です。

自分一人で就職という戦いをしなくていいし、協力してくれるのでかなり精神的に楽になると思います。

こういう数少ない機会は是非活かして欲しいなと思います!

ちなみにですが、このサービスは30代以上の方は対象にしてないので、30代以上の方にはこちらがオススメです。

 

 

あなたにあった企業への就職【DYM就職】

 

最短で1週間で就職先が見つかるという利点のほか、就職先が見つかるまで二人三脚で付き添ってくれるため、

かなり手厚いサービスになってます。

ただし、先ほど紹介したジェイックと違って無料説明会がなくていきなり面談から始まるので、そこは頑張らないといけません。

でも一人で就職先を探すというきつさを考えたらプロと一緒に自分にあった就職先を選ぶ方が楽だと思います。

自分のスキルや強みがわからないと悩んでる人の能力も引き出してくれます。

書類選考がないので、自分の経歴や学歴に自信がなくても大丈夫です!

 

 

失敗しても大丈夫。

新しいことをするときは失敗するものです。

いきなりうまくできる人はいません。

どういう経緯でここに辿りついたかわかりませんが、何かしらの行動を起こしたから見てるのではないでしょうか。

あと一歩進みましょう。

今までの自分になかった新しいことをやるときはどんな結果になろうとも成長しています。

何もしないというのが最大の失敗です。

何もしない人はここのページも読んでいないはずです。

あと一歩。あと一歩だけ前に進みましょう。

足を出せばあとは進むしかないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です