あ、楽したいんだ。

また新しい説。
よく考えてみたら今まで努力して結果を出した事ないかもしれないです。

僕が結果を出した時は負のエネルギーが強かったなと。
ルール違反はしないけど、正攻法ではない。

ちょっと話が逸れるかもしれないですが、僕は流行とか有名人に興味があんまり持てません。
その理由は人が集まるからかもしれません。つまり、努力しなきゃ勝てないということです。
多数派より少数派に入りに行くのも努力を抑えるためかもしれない。

王道な方法で勝負するということが嫌いなんじゃないか?頑張りたくないだけなんじゃないか。この説が出てきました。
「楽したい欲が人より強いんじゃないか。」

それならなぜ仮想通貨を買ったり、ギャンブルをしないのか?と考えたところ、「そんなに楽じゃないから」ですかね。
数字とにらめっこしないといけないし、精神的にも辛そう。。
それに対してスキルを身につければ、それはなくならない。そのスキルを使って労働時間が減るんじゃないか。
多分そんな感じです。
自分が前に進んでるかどうか。
少しでも楽な未来が待ってるかどうか。
仮想通貨にはそれが感じられない。
単純に「流行」っていうのもあるかなー。

いやー、我ながら中々ゴミだわーww
まぁでも頑張ることが正義だとは思えないんですよねー。最近メンタル死んでる人に会うこと多くなってきたし。
そんなことより自分の強みがわかってないのが問題。

「強みを作ろう」っていうのには変わらないんだけど、結果を出すには王道な方法だけじゃないし、多分それは僕には無理だと思いましたねー。
なんだかんだみんな嫌でも大学行くし、就職するから根性が違う。
僕は基本的に物事がどうでもいいし、嫌なものは嫌。
努力も別に王道の道じゃなくてもいけるんじゃないか。
そこにちょっと疑問を覚えてきたということで、うーん、何しよ。

テキトーに生きてきたけど過去に戻りたいと思ったことはないし、未来にも他人にも期待してないから人のせいにすることもない。
コンプレックスだらけなのに、他人に僻んで自分と向き合うことを放棄しないのは長所かなとー。
「犯罪をしない。社会貢献をする。」
これだけは守りたい。
あとはわからん!
今度好き嫌いのリスト作ってみるかー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です