二択の中から選ばない。自分の都合のいいように変更する。

 

理想論よりも体験談が大事。

もっと言えば「成功体験」より「失敗体験」が大事

 

こんばんは、シェリー(@sherry_neko19)です。

例えば自己啓発本とかの類ですね。

あの辺の本、やる気出るんですけど

やっぱり実行できないことが多かったりとか

ありきたりの話ばっかじゃないですか。

理想論も多い。

 

こうしたらいいんじゃないか?

みたいな。

僕の記事はそういうの多いですよね。

「こうしたらいいんじゃないか。」とか

「こんなことしたい。」とか

 

 

「こうしてみて、こう思った。」

の視点でかけてないことが多いんですよね。

理想論じゃ意味がないことが多い。

意味ないことはないんですけど

自分のケースに当てはめられるかと言われたら難しいことが多いかなって。

 

成功体験とかもそう。

基本自慢なんですよね。

たまにムカつくし。

「いかに自分がすごいのか」

「俺にはこんな経歴がある」

みたいな。

 

それってでも再現性がなかったり、

いやそれ運が良かったんじゃないの?

って思うときもあります。

 

だから僕は情報に関しては体験談を重視

しかも失敗談の方の体験談を重視してます。

 

失敗談は結構勉強になるんですよ。

こうしたらこういう結果になるのかみたいな。

反面教師的に学べる。

その行動を避けて行動できる。

 

 

だから失敗談は信用できる。

失敗した人が復活してからの1ヶ月後の行動とか結構好きなんですよね。

かなり成長してると思うので。

 

でも報道って成功体験しか取り上げないじゃないですか。

あとは圧倒的な失敗。

例えば不倫とかね。汚職事件とかね。

もっと「これやっちゃったら失敗しちゃったよ」な

体験を書き綴りまくるプラットフォームがあるといいと思うんですよね。

 

でもなんか普通にありそうだな。

知らないだけかもしれん。。

ちょっと調べてみます。

もしなさそうなら作ることを考えてみよかな。

 

なんだっけ?

story.jp

だっけ?

なんかそんなような自分の体験談書くやつあったよね。

そう考えたらそれでいいか。

てかそれ見よ。

 

 

とりあえず失敗体験を書くか。

自分を信じきれずに周りの人に流されてうつ病になる。

否定語を浴びまくる。

さっさと議論をやめればいいのに立ち向かい、

常識という多数派だけの意見に洗脳された人と議論したがために

自分の行動に自信を持って行動できなくなった。

 

それから僕は人と議論するのをやめました。

考えが違う人と議論しても根本的に自分が考えてることが覆ることがないということを学びました。

どっちが正しいとかじゃない。

自分が信じたいものを信じたらいい。

 

正しい間違ってるは自分で決めたらいい。

100人中99人が

『1➕1は2』だと言っても

自分が違うと思えば自分が信じる答えを信じていればいい。

そんな感じですね。

 

だから僕は好き勝手やって生きる。

何それ?って言われても

そう思うならそう思えばいい。

間違ってると思うなら思われてもいい。

でも僕は自分がやりたいことを基準に動く。

つまんなそうだと考えたらそれを捨てる。

 

常識やみんながやってることはつまんない。

あと単純にあまのじゃくだから少数派が好きなんですよね。

多数派に同意してても少数派に行ってみたりしたい。

少数派にしか見えてない視点というのがあるので、

その景色が見たい。

そのためだけに自分の意見を曲げて少数派に行くこともあります。

面白いんですよね。少数派の意見を言う人って。

 

嫌われるって分かりきってるのに

それでも自分の意見を言う人は個性的な人が多いです。

でもだからこそ喋ってみると

常識では考えられないことを平気で言うので

面白いし、勉強になります。

その反面、相手に合わせると言うことをしないので

会話しづらかったり、意味不明なことを言うこともありますが。汗

 

常識を語る人ってロボットなんですよね。

「みんながやってる」を基準に喋る。

会話してて成長ができない。

まあそれも失敗体験ですね。

 

 

何も考えずに周りに流されて生きてきたということの後悔を絶対に

すると思うけど、まあそれは自分で決まることなので

自分が選びたい道を選んだらいいと思います。

 

 

失敗体験ていいよなー。

どんどん失敗して生きたい。

恥ずかしい、怖い。

でもだいたいなんとかなる。

サイヤ人みたいに強くなるんですよね。

死にかけた時に成長する。

 

だから失敗して生きたい。

そして失敗してる人の情報で勉強して生きたい。

Twitter神だなって思ってたけど

情報取集は失敗体験からやろうかな。

そんな気もしてきたよ。

とりあえず実験的にやってみるか。

 

大学受験の時に結構受験勉強で失敗したことみたいなのみて勉強してたんですよね。

なのに結局「こうやったら成功できるよ!」

の方の情報を信じて落ちるっていう。

 

アホしたな〜。

だから僕は失敗体験を信じて行くよ。

ちょっとstory.jpのストーリーを色々読んで決めたいので

10件くらい読んだらレビュー記事書きますね。

 

でもやっぱり成功体験よりも失敗体験の方が価値あると思うんですよ。

だから9割失敗体験、、1割成功体験とかでいい気がしてる。

いろんな記事読むんですけど、もちろん勉強にはなるけど

このサイトを見れば一発!

って言うのが欲しいな。

story.jpは多分成功体験もいっぱいあるはず。

ストーリーだからね。

 

自慢話は結構時間の無駄になることが多いと思うので

時間を割きたくないなぁ。

 

 

自慢じゃなければ勉強にもなると思うんですけどね、

でもやっぱり運なのか、環境なのか

とかそういう情報がかなり入ってくると思うんですよね。

 

そして僕は今日

まさに失敗体験をしようとしてる。

今日は14000字書かなければいけない。

今は8735字だ。

まだあと5000字も書かなければいけない。

 

しかしこれから明日の朝までカラオケに行く。

明日は15000字だ。

なのに今も友達が家にいる状況でこの記事を書いている。

圧倒的に自分を追い詰めている。

これがきっかけでこの企画に失敗してしまうかもしれない。

しかし失敗には価値があるのだ。

 

僕と同じ経験をしてる人はなかなかいない。

おそらくカラオケでもブログを書き続けないといけないだろう。

みんなが盛り上がってる中、僕はmacで永遠に文字を撃ち込みまくるのだ。

そんなインキャなかなかいないだろう。

大学に入り友達に連れられてイヤイヤ、

カラオケに行くことになったインキャでも

カラオケでブログを書くためにmacをいじるなんてことはしないだろう。

それをやらないのが常識なのだ。

 

でも僕はやらないといけない。

もしやらないとこの挑戦が終わってしまう。

そしたら新しく何かをやらなければいけない。

新しく自分で何かをやるというのは大変だ。

口だけではなんとでも言える。

 

僕は散々10月になったら本気を出すと言っている。

口で言うだけなら誰でもできる。

ここで10月に本当に本気を出せるかが大事なのだ。

本当本気!

 

そして本気を出せないってなると

信用を失うことになる。

信用を失うというのはお金を失う以上にありえない。

だから本気を出すしかない。

だから僕は何度も宣言してる。

宣言したらあとはやるしかない。

 

ただいまの時刻は18時23分

カラオケには19時に行くことになってる。

あと37分後だ。

この37分でブログを書き上げるのは厳しい。

と、なるとカラオケでも書かないといけない。

 

カラオケについたらカラオケでブログを書いてるよ!

っていう記事を書こうと思う。

僕は何もかもネタにする。

 

これで失敗してしまうのか、

それともミッションを達成してちゃんと14000字書き切れるのか。

しかも朝までカラオケにいるということは

明日の15000字にももちろん影響が出るだろう。

そして今の文字数は9,535字だ。

 

あとだいたい4,500字。

もうネタがない。

ネタがないなか、騒音の中

4500字書くネタをひねり出さないといけない。

地獄だ。

タイムリミットは5時間。

5時間で4,500字

ネタがあるなかでもどんなに早くても2時間はかかる。

 

ネタもなく、騒音でアイディアが閃き辛い中での4,500字はやばくないか。

どんなクソみたいなことも書くを売りに書きたいことだけを書いているが、それでも厳しいものは厳しいのだ。

 

もちろん

「カラオケ集中できねぇええええええええ」

みたいなことも書くに決まってる。

僕にとっては文字数を超えるということに価値を置いているのだ。

過去にこんな経験をしたということに価値を置いているのだ。

だからどんなクソなことも書く。

文字数を稼ぐためだけのことも書く。

失敗体験に価値を置いてるとはいえ失敗はそりゃしたくないし、

この企画は1日でも失敗したらおわりだ。

それはイヤだ。

全然書く余裕があるのに遊んだからと言う理由で

書けなかったのはイヤだ。

そんなの絶対に後悔してしまう。

 

 

だからどんなにクソなことも書く。

そしてそれは備忘録になる。

誰かの役には立たなくても

自分はどんな手を使ってでも文字数を稼ごうとしてたんだ。

そういう過去を作ることができる。

カッコいい生き方なんてしなくていい。

成功できればいい。

 

成功者になるために生きている。

そのためにまずこの目標を達成したい。

30,000字は時間があっても無理かもしれない。

でもそれはそれだ。

書ける時間があるのに諦めたくない。

 

超久しぶりに会った周りの友達が

カラオケを楽しんでる中、僕はブログを書く。

それが常識的に見ても、常識的に見なくてもおかしいことはわかってる。

僕もそんなことされたくない。

友達の縁を切ると言われるかもしれない。

でも仮にそうなったとしても僕はこの企画を達成したい。

 

全ての力を出し切って失敗したい。

途中で投げ出したくはない。

カラオケでmacを使ってブログを書いてることをシュールギャグとしてネタに変えてくれる可能性もある。

 

どんな結果になるかはわからない。

でも僕はブログを書く。

14000字絶対に書ききる。

 

「だったらカラオケに行かなきゃいいじゃないか」

という意見もあるかもしれない。

僕はその意見が常識的だからこそ

カラオケに行くのだ。

 

2、3ヶ月の前の僕だったら間違いなく断っていただろう。

でも未知にしか成長はない。

カラオケでブログを書くという体験はもう二度とできない。

この瞬間の体験に価値がある。

 

もう二度とできないから今やる。

人間関係が一番大事だと言ってるのに

人間関係を壊す行為かもしれない。

でも全てを得ることはできない。

何かを得るには何かを捨てなければならないかもしれない。

 

・「1日14000字書く」

・「友達とのカラオケを楽しむ」

 

この2つを比較して上を選ぶのは日本中で僕だけかもしれない。

もちろんカラオケは楽しみだ。

カラオケに行きたいというのもある。

 

でも14000字も絶対に書きたい。

だから書く。

カラオケも行く。

書き終わり次第全力で楽しむ。

おかしいと言われようがなんだろうが僕はやりたいことをやる。

 

ブログも書きたい。カラオケも行きたい。

普通の人なら選択をするだろう。

決断をするだろう。

決断というのは

「断つことを決める」

を決めると書いて決断だ。

 

普通の人ならどっちかを選ぶはず。

そして普通なら僕は責められるはず。

でも僕はわがままだからどっちも選ぶ。

ブログも書きたいし、カラオケも行きたい。

やりたいことに貪欲でいたい。

 

そして僕は約一年間高知県に移住する。

だから別の日にカラオケを行くという選択肢はない。

今日カラオケ行くか、もう一年後まで行かないか。

その二択だ。

なら行くだろう。

 

問題はもう一年後くらいまで行けないのに

最後のカラオケなのに

その神聖な場でブログを書くということ。

効率を重視したいから

もちろんmacで書く。

 

つまりマイクを握り熱唱してる人がいる中

僕は真顔でパソコンをいじるのだ。

誰に責められても文句は言えない状況。

もう善悪はどうでもいい。

どうしても企画を完走したい。

カラオケも行きたい。

 

僕は選択をしない。

やりたいことだけをやる。

もし二択の選択肢があって、

そのどっちもやりたい場合

僕はどっちもやる方法を考える。

 

ルールを速攻で破る。

都合がいいようにルールを変える。

それが自分にとって面白いことなら。

僕は面白いことしかやるつもりない。

 

この企画も面白そうだったから参加した。

こんな状況でもカラオケも面白そうだから行く。

選択はしない。決断はしない。

 

ちなみに

「なんで先にやっておかなかったんだ。」

という批判は聞かない。

予定は急遽決まるものなのだ。

今回も急遽決まったのだ。

 

とにかく楽しむよ。

ブログも。

カラオケも。

人生も。

 

ノンストップで書いていたら11500字を超えていた。

あと2500字のところまで迫っていた。

そして19時を超えたが、

「行こうぜ!」と言われるまではこのままこっそり書き続けようと思うw

 

 

どうですか。

僕の考え方は。

ほとんどの人は嫌いだと思います。

目的のためなら友達との関係は悪化してもいい。

誰にも嫌われないというのは無理だ。

自分のやりたいことをやりたい。

妥協はしたくない。

 

空気は読まない。

19時になったら行こうというルールでも行かない。

行こうぜ!と言われるまでは自分からは言わない。

もしかしたら気遣っている可能性もある。

19時になっているのは気づいてるのかもしれないけど

僕がmacをカチャカチャしすぎているので

行こうぜ!と言い出せない可能性もある。

しかし自分からは言わない。

カラオケで書かなくてもいいのならそれに超したことはないのだ。

 

でももう集中力が切れてしまった。

あと2000字はカラオケで書こう。

本来ならあと3000字くらいは書く予定だったから

十分すぎる成果だ。

とりあえず2,000字はカラオケで書きます。

 

Wi-Fiが繋がってなきゃアップできないので

投稿はできないかもしれないけど

とりあえず書きます。

では!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です