youtuberになりたい。

 

そんな人が多いと聞いていますよ。

こんにちは、シェリーです。

今回はyoutuberってなんなの?

みたいなことを書こうかと思います。

 

まずyoutuberという存在の前に

youtubeというサービスについて紹介します。

 

youtubeというのは動画投稿サービスですね。

アマチュア、プロ、個人、企業

問わずに誰でも作った動画が投稿できるサービスです。

元々はMV(ミュージックビデオ)などの作った音楽を投稿するのが一般的でした。

僕もよくAKB48などのMVを見てました。

 

しかし、自分で作った動画を投稿していく人たちが出てきました。

今メジャーなのは

 

HIKAKINさん

はじめしゃちょーさん

 

この2人が今日本で一番メジャーだと思います。

 

そして僕が一番好きなのが「禁断ボーイズ」さん

 

こちらでも紹介しました。

13、もっと無駄なこと減らしたいな

 

youtuberさんは個人でやってる動画クリエイターですね。

でもyoutuberの事務所というものが出てきて

テレビタレントのような存在になってきています。

僕も最近はテレビを見ていないので

このyoutuberさんの動画をよく見ています。

 

youtuberが小学生のなりたい職業ランキングで3位になったとか。

僕も小学生の時はプロ野球選手とか言ってたと思うので

多分中学生に聞いたら変わるんだとは思いますが、

動画投稿はハードルが低いので注意が必要ですね。

 

どんどん面白い人が増えたら娯楽なども含め人生がもっと楽しくなるだろうな

って思ってるので

youtuberが増えるのは賛成です。

 

でも誰でも簡単に投稿できるっていう欠点があるから

怖いこともおきないとは限らないんですよね。

まあどんなことにも言えることですけど。

 

まだ世間的に迎合されてるとは思えないんですよ。

youtuberという職業は。

だから僻みや嫉妬なども含め罵倒されることも少なくないと思います。

 

僕も超最近に匿名での投稿をやめることにしましたけど

組織に属するという選択をする場合

記録に残る活動をするとその過去が足を引っ張る可能性があります。

もちろんちゃんと価値を提供できているなら大丈夫です。

正当な評価が下されると思います。

 

しかし、youtuberというのは職業上

過激なものが好まれるんですね。

動画を見てもらえないと話にならないっていうのもありますし。

法人ではなく個人でやってるのでルールも結構ゆるいです。

だからもしかしたら過激な動画が嫌われて

youtuberとしてみるぶんにはいいけど

組織からは弾かれるという可能性もないとは言い切れないですよね。

 

確認のために言いますが反対してるわけではないです。

後先を考えないで動く人も結構好きです。

僕もそうなりたいと思ってますし。

しかしその活動をして誰かに迷惑をかけるんじゃないか

と考えることは大事ですね!

 

アスリートと違ってやろうと思えば誰でもできる

動画投稿だからこそ顔出しをするならこその注意ですね。

あとおっさん連中には理解されない可能性もあります。w

意外と嫌いな人います。

 

まあ僕的には面白いもの好きなのでどんどんやったらいいと思います。

楽しみましょう。

1 個のコメント